名前*ジャム蔵(シュナ&トイプーmix。アメリカではシュヌードルというらしい | 住まい*多摩川沿い | 性格*お調子モノ | 特技*なんちゃってフリスビー&早食い | 体重5kg('05.1月現在)


by ayuzoo

パピークラス(しつけ教室)体験談 [成長記録]

北千束動物病院は1Fがクッキー屋さんとトリミングサロンで
2Fが病院、3Fがファミリーメンバードッグスクール
という犬にとってはいたれりつくせりの病院だ。

ジャムが参加したパピークラスはというと・・・




1回2時間のグループレッスンで
横について歩く練習、呼び戻しの練習、タッチング、
他の犬とコミュニケーションをとる遊びの時間など、
おやつを使ってしつけ方を教えてもらう。

参加している犬種はさまざまだけど
やっぱりトイプーが多かった。流行ってるのね。
あとはチワワやダックス、ジャックラッセルなどがいた。
みんな血統書付きの高そーな犬ばかり。
うちのは所詮、雑種だからなー。
しかも3ヶ月にもなっていない一番年下だった。

でも本やネットで勉強するのとはまったく違う。
感心したのは先生の声のトーン。
すごぉ〜く高い声で「ヨシヨシヨシヨシ」を連発する。
褒めるタイミングも絶妙だ。
するとどんな犬でも注目する。
なんだか先生がうらやましい。
私のいうことは聞かないのに
先生のいうことはすごくよく聞くジャム。
指示を待って楽しそうに遊ぶジャム。

遊びといえば、大抵の犬はひっぱりっこが大好き。
ジャムもなんでもすぐにひっぱりっこに持ち込もうとする。
でも、一部のしつけの本には
凶暴性を助長させるからさせない方がいいとか、
最後に飼い主が必ず勝つようにするとか書いてある。
確かにジャムも「うー、うー、うー」と唸って恐かったので
あまりひっぱりっこはしないようにしていた。

そう先生に質問すると
「どんどんやってあげてください。
唸るのは楽しくて興奮しているから。
それを利用してちょーだいを教えるんです」

どういうことかというと・・・

●ひっぱりっこする→●楽しい→●「ちょーだい」で離す→●すると褒められてまたひっぱりっこ再開→●また楽しい→・・・
これの繰り返し。

犬が覚えることの原理は
「味をしめる」と「懲りる」のどちらかだとどこかに書いてあった。
怒られたりびっくりしたりして懲りることと
おやつがもらえたり、楽しいことに味をしめること。

いろんな「楽しいこと」をインプットして
たくさん褒めてあげれば
しつけはうまくいくのかもしれない。

先生のようになりたい。
そう、しつけ教室とは犬ではなくて
「飼い主をしつける」ための教室なのだ。
飼い主次第で犬はどんどん変わる。

あとは根気。
「1日50回おすわりさせてください」とか
「マテをだんだん長くできるように」
など毎回、宿題が出た。
子犬が集中できるのは5分。
短時間でいいから1日に何回もくりかえす。
いろんな場所で(台所とか玄関とか)、
いろんなシチュエーションで(散歩の途中とか)。

結局、全部で6回パピークラスに通った。
はじめはなんにもできなかったジャムも
最後の回には他の犬のお手本として
私の横に付いて自慢げに歩いていた。

やっぱり行ってよかったな。
しつけられたのは私の方なんだけどね。

c0025975_11562021.jpg

うちにきてちょうと1ヶ月。
だんだんボサボサになってきた。


→かわいー頃のジャム蔵。1歳までの成長記録indexへ


小さい頃のジャム蔵にも1票よろしく→

[PR]
by ayuzoo | 2004-12-31 23:48 | ┣ 成長記録